通学 防犯

小学生にもなると交友関係も広がり、子供を預かってくれるところも減ってしまうため、通学の登下校や塾や習い事などでの外出時に防犯グッズを持たせる家庭も増えてきています。まずは、役立つグッズとして携帯電話が挙げられます。GPS機能対応であれば、居場所の確認も出来ますし、緊急時の連絡手段として有効です。しかし、公立小学校ではスマートフォンなどの機器の持ち込みが不可であるところが多く存在します。そのため、GPS端末を搭載し、緊急通報機能も搭載した防犯用端末などを使用するという方法もありますが、現実的には一般的に流通しているのは防犯ブザーです。防犯ブザーにも様々な種類があり、持たせるだけでなく、使い勝手の良いものを子供に持たせないと緊急時に使用することが出来ないという問題も起こりえます。

通学や外出時の防犯意識を高める

子供の周りにはいろいろな危険があります。通学や外出することを無くすことは出来ないため、防犯の意識を親子で高めていく必要があります。親は子供に対して通学や外出時の約束として「いかなおすし」を教えましょう。どんなに優しい人であっても、どんな都合のいいことを言われても、「知らない人にはついていかない」「知らない人の車には絶対に乗らない」。危険を感じたら、持っている防犯ブザーを鳴らしたり、「大声で叫んで周りにいる大人に助けを呼ぶ」。危険な目に遭遇したら、交番がコンビニなど一番近くにある明るくて大人のいる「安全なところまですぐに逃げる」。怖いものを見たり、怖い思いをしたら「すぐにおうちの人や近くの大人に知らせる」などを親子で日ごろから話し合って防犯意識を高めておきましょう。

これで通学時の防犯対策はばっちり

愛する我が子が通学時に危険な目に遭わないためにも防犯グッズを適切に使用する必要があります。子供だけでなく、親も注意すべき点があります。持ち物に名前を書く場合は外から見えない位置に書くようにする。防犯ブザーは通学用だけでなく、防犯用も複数個所持する。ただし、防犯ブザーも保持するだけでなく、子供でも鳴らしやすいか、大きな音量が出るか、見えやすく使いやすい位置に装着できるか、壊れにくいか、などに配慮する必要がある。また、危険な場所を親と子供で話し合いを行って共有する。留守番時の約束事なども親子で共有しておく必要がある。などが挙げられます。ただし、防犯はどれだけ行っても絶対に安全というわけではないため、油断せず、親子で防犯意識を常々共通していく心がけが必要になります。

通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 JR東日本アプリでの通知を選ぶことも可能で、アプリでは履歴の管理もできるため便利な仕様となっています。 いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 JR東日本のアプリで通知を受けることも可能となっております。 お子さんの通学時の防犯対策ならまもレール