通学 防犯

通学路の安全性が気になっている親も多いのではないでしょうか。子供が安全に学校へ行けるよう、日頃から通学路の防犯対策はしっかりおこなっておきたいものですね。普段よく利用する道だからこそ、案外見落としがちなポイントがあります。最近はニュースなどでもよく取り上げられる不審者による連れ去りが多くなってきています。たくみに近づき、白昼堂々通学路で犯行に及ぶこともあります。もしも通学路に人気の少ない空き地や駐車場などがある場合は要注意です。不審者は大半の場合、現場の下見に訪れています。人気のない場所を利用して潜んでいる場合もあるので、気を付けたいものです。また不用意に通学路とは異なる道を利用したりしないことも大切です。トラブルの場合に発見が遅れることもあり、大変危険です。

通学中の防犯対策に有効な防犯グッズ

通学中の犯罪に巻き込まれないためにも、用意しておきたい防犯グッズがあります。まず持っておいて欲しいのは、防犯ブザーです。もしもの時に紐をひっぱったり、ボタンを押したりすることで大きな音が鳴る仕組みになっています。鞄につけておくだけでも効果はあります。つける場所も重要で、危ないと思ったときにすぐに手が伸びる場所につけておきましょう。いざというときに電池切れといったことのないよう、日頃からチェックしておきましょう。また、子供用の携帯電話もGPS機能がついており、子供の居場所がわかるので便利です。通学路には人気の多い通りを選ぶようにしておくのも防犯のポイントです。以上のようにいくつもの防犯対策を行っておくことで、より犯罪から身を守ることができます。いざというときのために子供ともよく話し合っておきましょう。

通学の安全対策、防犯への細かな取り組み

意外と気が付かない防犯対策としては、持ち物の名前を見える場所に書かないことです。不審者は名前を知って親しげに接してこようとします。親し気な不審者にはつい気を許してしまうかもしれません。家の周りにも名前のわかるものは置かないようにしておきましょう。また留守番する子供の場合には、カバンに無防備に家の鍵をつけていると家に親がいないというアピールにもなってしまいます。家に入る場合には周りをよく確認してから入るとか、玄関を入るときには家に人がいると見せかけられるように大きな声で「ただいま」を言うとか、そういった細かな点も習慣づけておくとよいでしょう。防犯に気を配るのは親だけでなく、子供と一緒に通学路付近の危険な場所を把握することも大切です。人通りの少ない場所、草木が生い茂っているところ、周囲から見えづらいところなどは危険であることを教えておきましょう。