通学 防犯

親にとって通学時の安全性は気になるポイントです。特に、部活動などで帰りが遅くなる時はなおさらです。子供が毎日歩いている通学路のどの部分に危険が潜んでいるのか、防犯上危ない箇所はないかどうかを確かめるために、子供と一緒に通学路を歩いてみることがおすすめです。学校から指定されている通学路を、親の勝手な判断で勝手に変更することは許されません。学校指定の通学路は、防犯対策が立てやすく万が一トラブルが発生した時に、学校や警察が迅速に動ける体制が整っているのです。勝手な判断によって通学路を変更し、万が一トラブルが発生しても、発見が遅くなったり大きな問題に巻き込まれたりする可能性が高くなります。決められた通学路の大切さを、しっかりと子供にも教えることが防犯の一歩となるのです。

車に関するトラブルに巻き込まれないための対策

通学時のトラブルで多いのが、自転車やバイク、車とのトラブルとなっています。通学路に指定されている道路は、車と歩行者との境目が明確に分けられていないところや、距離が近くて危険な場所が多く見受けられます。このような場所を歩いていると、車などと接触する可能性が高くなります。また、登校時など時間によって通行規制がされている道路ならよいですが、そのような規制がされていない道路は特に注意が必要です。また、ガードレールが設置されていない道路も注意が必要です。車とのトラブルだけでなく、車へ連れ込まれる可能性があるからです。このような事態を防ぐためにも、子供には車道にはみ出して歩かないこと、車の動きに注目することをしっかりと伝えることが大切です。また、近隣住民やPTAによって通学路の防犯面の安全性を保つことも大切です。

不審者とのトラブルに巻き込まれないための対策

新聞やニュースで、子供が犯罪に巻き込まれるケースが報道されていますが、その多くが通学時に起こっていることが多いのです。不審者は、子供が多く歩くことのある通学路を狙うことが多いためです。親が一緒に登下校できれば一番安心ですが、それは難しい問題でもあります。人通りの少ない道路や連れ込みやすい公園や空き地、駐車場、死角がある場所には特に注意が必要となるため、気になるポイントを事前に知っておくことが大切です。また何か起こった時に、避難できるような安全な場所を探しておくことをおすすめします。子供には、一人で帰らないように友達と一緒に帰ること、知らない人にはついていかないこと、危険を感じたら走って安全な場所に隠れること、防犯ブザーを忘れずに持つことを守らせることが重要です。