通学 防犯

最近、子供の通学時と下校時の防犯に対して強化がされています。PTAや地域住民が、子供たちの通学路の安全点検を定期的に行ったり、学校でも一人で登下校させない取り組みをしたり、不審者が出やすいような人気の少ないところを通学路として選ばないなど、学校だけではなく地域をあげて取り組んでいます。通学時の防犯として一番、親御さんがしているのは、子供に防犯ブザーを持たせることではないでしょうか。やはり、大人だけが防犯に対して意識を高く持ってもいけません。お子さんにも防犯の意識を持たせることが大切です。この防犯ブザーですが、通学の際に持たせるのももちろん重要ですが、外出の際にも持たせることが大切です。なので、通学用と外出用と2個以上は用意しておくといいでしょう。常に愛するわが子についていたいですが、そういう訳にもいきません。

愛するわが子を守るための通学時の約束ひとつで防犯になります

愛するわが子を通学時や外出時の危険から守る約束事があるのを御存知でしょうか。これ一つで子供の防犯にかなり役立ちます。その約束事というのは、「いかのおすし」です。いくつかの言葉の頭文字を取っているのですが、「いか」と言うのは、どれだけ優しそうな人でもついていかないの「いか」です。「の」は、絶対に知らない人の車に乗らないの「の」です。「お」は、危ないと感じた時には大声を出すの「お」です。「す」は、コンビニやスーパーなどの人の多いところへすぐ逃げるの「す」です。「し」は、危険なことや怖いことがあったら、すぐ保護者の人に知らせるの「し」です。それをつなぎ合わせて、「いかのおすし」です。大切なお子様が家から一歩外へ出る時、必ずこの言葉をお子様と一緒に復唱し、防犯につなげていきましょう。

電車通学のお子様に対しての防犯対策

小学生や中学生のお子さんは自分の学区の小学校や中学校へ行くのが殆どですが、今は小学校のうちから電車に乗って学校に通ったり、習い事などで電車通学をしているお子様も多いのではないでしょうか。電車という乗り物も、身長の高い大人達が乗っているため、死角がたくさんあって、きちんとした防犯が必要になってきます。電車の駅まで送り迎えをしている親御さんの姿はよく見ますが、電車に乗ってしまったらあとはお子さん一人です。そこからの防犯はきちんとしておきたいものです。まずは、初めて一人で電車に乗るわけですから、公共交通機関に乗る際の最低限のルールをお子さんに教えてあげましょう。乗る時はきちんと白線の内側で待つ事や、携帯などを見ながら歩いたりしない事や、電車に乗る時は皆並んでいるわけですから、きちんと並んで乗車するなど、事前に学校や塾までの通学ルートを確認するのと合わせて教えてあげましょう。